大倉山ビジネスサロン

ouchi735.exblog.jp
ブログトップ

【開催レポート】事業展開を広げるための、スタッフ育成のヒント


3月14日開催の大倉山ビジネスサロンでは、
「小学生のための学童+学習教室」ソフィアキッズ大倉山/株式会社きよらエデュケーション代表 荻野桂さんに、事業を広げるための「スタッフ育成のヒント」についてお聞きしました。



d0329255_11225529.jpg

塾講師だった荻野さんが学童を立ち上げたきっかけは、ご自身の子育て経験でした。
お子さんの学童を探した時に、既存のサービスでは不足している部分に気づき、
「少人数制」で「学習指導付き」の学童を立ち上げることを決断されたのです。

スタッフの育成では、以下を心掛けて軌道に乗せていったそうです。
・初期メンバーが次のメンバーを育成
・他社との差別化、ルール順守をどのメンバーにも徹底

さらに、次のような工夫もされていました。
・業務マニュアルやOJTシートの運用や改善をスタッフに任せる
・ミーティングは誰もが意見を言いやすい場にする

例えば、ミーティングでは懸念点を言うだけでなく改善案まで提案、
提案は一度はやってみて何かあれば微調整する、としたそうです。
その繰り返して、「何か言ったら攻撃されるのでは?」「意見を言ってもスルーされるのでは?」
の不安が減り、スタッフからの提案が増えてきたそうです。

評価制度は、スタッフ参加型で詳細を検討して最終決定。
できて当たり前だと思うレベルを「標準」としたことで、何ができているのか、何が不足しているのかを
明確にしたのです。
そのことで、「求められていることが明確になった」「努力すべき点を意識するようになった」
スタッフからも声が上がるようになったそうです。

そうして、
スタッフに仕事を任せ、新人教育や普段の業務を回せるようになったことで、
2拠点目も出すことができたのです。

そのためには、
企業のビジョンや業務内容を明確にし、
誰もが意見を言いやすい場を作り、
さらにスタッフ参加型の評価制度設計を実施、等の工夫がありました。
そして事業拡大の秘密は、日々のコミュニケーションの積み上げでもありました。

荻野さんからは「スタッフへの感謝の気持ちは言葉できちんと伝える」という言葉もありました。

今後はソフィアキッズのブランド化に力を入れて、新規事業参入も考えていらっしゃるそうです。
荻野さんの次の事業展開がますます楽しみです。

ランチ交流会では、OJTシート、評価制度設計等の詳細について質問が飛び交っていました。
ご参加の皆様もありがとうございました。

   

(講師プロフィール)「小学生のための学童+学習教室」ソフィアキッズ大倉山/株式会社きよらエデュケーション代表 荻野桂さん
早稲田大学法学部卒業、塾講師歴16年。小学生の中学受験対策、私立内部進学対策等実績多数。
16年のキャリアと2児の母親という経験を活かし、個々を丁寧に把握しながら、日々の学習指導を行う。

[PR]
by petit-fl | 2017-03-15 12:03 | 大倉山ビジネスサロン | Comments(0)

横浜・大倉山の花屋&カフェラプティフルールで2012年から開催中の『大倉山ビジネスサロン』。そのコーディネーターを務める島谷美奈子がサロンメンバーである女性起業家の活躍をレポートします☆


by petit-fl